ホーム > CSR活動 > 環境方針

環境方針 Environment

環境理念

株式会社大谷加工は、

3R Reduce(リデュース) = 使用量削減
Reuse(リユース) = 再使用
Recycle(リサイクル) = 再生使用

の推進により、環境に優しく人にも優しい持続可能な社会を実現するという環境理念のもと、美しい自然の一角にある那須工場を中核とした事業活動を通し、環境保護と地域社会への貢献に努めます。

図: 3R

環境方針

当社は、ステンレス鋼板の切断、機械加工、製缶及び各販売を主事業としています。
ステンレス鋼板は、その名の如く最大の特長である錆にくいという特性より、最終製品の長寿命化やメンテナンスフリー化が図れる為、それ自体が環境保護に相応しい材料と言えます。

当社の事業活動においては、省エネルギー型設備、低粉塵型設備等への移行を積極的に行っています。また、事業活動の結果発生するスクラップは、寸法の大小を問わず分別回収しており、その完全リサイクルを可能にし、実行しています。さらに副資材についても、例えば通常、焼却処分や埋立処分される廃棄木材を当社製品の梱包用資材に再使用しています。

このように、当社は環境保護の為の継続的改善を常に念頭に置いて事業活動を展開し、資源枯渇問題や地球温暖化問題等を解消して環境負荷を低減させることにより、自然環境、社会環境、生活環境の保護に積極的に貢献します。

  1. 消費エネルギーの多くを占める電力の使用効率を高め、不要時のスイッチを徹底する事により省エネルギー化を図ります。
  2. スクラップの分別回収、廃棄木材の再使用等により、環境負荷低減にも貢献します。
  3. 地域社会の一員として、行政や住民との連携を図り、地域のより良い環境づくを目指します。
  4. 当社の製品や事業活動に適用される環境関連の法律、規則、あるいは地域社会との協定等を遵守します。
  5. この環境方針を全従業員に周知徹底させるよう、啓蒙活動を行います。
  6. この環境方針は、一般に公開します。

平成17年3月1日
株式会社 大谷加工
代表取締役社長 大谷 徹